”水素吸蔵合金キャニスター”のことなら、元素分析のトータルソリューション【株式会社イアス】にお任せください

元素分析のスペシャリスト,株式会社イアス【IAS-Inc】 元素分析のスペシャリスト,株式会社イアス【IAS-Inc】 元素分析のスペシャリスト,株式会社イアス【IAS-Inc】 元素分析のスペシャリスト,株式会社イアス【IAS-Inc】
English English
サイトマップ サイトマップ
元素分析のスペシャリスト,株式会社イアス【IAS-Inc】 元素分析のスペシャリスト,株式会社イアス【IAS-Inc】
株式会社イアスホームーページ HOME 会社案内 製品情報 コンサルティング お問い合わせ リンク 株式会社イアスホームーページ
   >>Home   >製品情報  >水素吸蔵合金キャニスター
 
Expert全自動気相分解(VPD)装置
オンラインモニタリングシステム
ASAS オンライン自動標準液添加装置
分析前処理装置
SCシリーズインテリジェントオートサンプラー
高感度試料導入システム
ICP-OES/ICP-MS 関連部品
脱溶媒高感度化試料導入(DHS)装置
H_Canister
マイクロ波分解装置 TOPEX
   
  H_canister_title1
H_Canister 水素吸蔵合金キャニスター 水素吸蔵合金(AB 5型)を用いた
水素ガス貯蔵精製装置です。
高圧ガス取締法の適用を受けずに
簡単に使用できます。
   
 
  • 軽量、省スペースで設置場所を選びません。

  • 水素吸蔵合金は水素のみを吸蔵するため、精製器の役目も果たします。
    純度99.999%以上の超高純度水素ガスを得ることができます。

  • 容器内の圧力は常温で、1 MPa未満を維持します。

  • 水素ガスの流量(常温)は安定しており、
    ICP-MSのコリジョンガスとして用いた場合には、毎分5 mL使用で、約580時間連続で使用できます。
    (175 NLタイプ使用時)

  • 水素吸蔵合金は約2,000 回の再充填使用が可能です。
     
  H_canister_title2
水素を可逆的に吸放出できる水素吸蔵合金を利用しています。
水素ガスが合金に化学的に結合しているため、ガスの放出量はほぼ一定で安定しています。
また、水素合金からの水素放出は吸熱反応のため、意図的に外部から本体を加熱しない限り、
急激なリークは起こりません。
 
M:金属 H 2:水素ガス Q:熱
  H_canister3

水素吸蔵合金キャニスター用 レギュレータ、ホルダーセット
    <セット内容>
  • ICP-MSのコリジョン・リアクションセルガス用に
    最適な圧力調整ができる水素用のレギュレーター
  • ICP-MS本体までのSUS配管
  • 固定ホルダー
    (床置き仕様ですが、柱や壁に固定もできます)
  • ワンタッチコネクター
H_canister_option
H_canister3
 
H2 ガス原料純度		: ≥ 99.999%
H2 ガス出口流量(175 NL)	: < 0.38 NL/min (25℃)                
H2 ガス出口流量(400 NL)	: < 0.56 NL/min (25℃)                
使用環境温度 (水素放出時)	: 20〜45℃
※20℃以下の環境で使用する場合には、水素の放出量が定格値より低くなる可能性があります。
ガス出口接続			:テーパーネジ Rc1/8
本体サイズ, 重量		:外径 51 mm, 長さ 270 mm, 約1.8 kg
本体サイズ, 重量		:外径 81 mm, 長さ 270 mm, 約3.5 kg
  ページトップへ戻る
   

HOME  |  会社概要  |  製品情報  |  コンサルティング  |  お問合せ  |  リンク  |  サイトマップ
 
Copyright (C) 2009 IAS Inc. All Rights Reserved.